Top

タグ:ツーリング ( 25 ) タグの人気記事

155 ツーリング!

久しぶりのツーリングは、めちゃ楽しいものでした!

a0157084_2221178.jpg
a0157084_22213333.jpg

a0157084_22231553.jpg

[PR]
by blu-es | 2015-06-08 22:24 | Trackback | Comments(2)

153 蓼科


この日は、たくさんのバイカーに会いましたが、



a0157084_21563997.jpg

10年くらい前のクラブハーレーで、走りたい道ベスト5とかやってて
ビーナスラインは、第3位で、仲間と計画立てて行きました。
ランキングのほかには、阿蘇とか、北海道とあったと思います。
確かに新緑がきれいで最高に気持ちよかったです。


a0157084_21565273.jpg

そう、ミニのオーナーズクラブなどの集会もあったようです。

a0157084_21571495.jpg
a0157084_21572939.jpg
a0157084_21573827.jpg

[PR]
by blu-es | 2015-06-01 22:13 | Trackback | Comments(0)

152 林道を走ってみる

8代目のバイクを買ってしまいました。

歳もとったので、落ち着いて乗れるバイクをチョイスしました。
エンジンも調子いいです。

a0157084_20594613.jpg


改めて走ることの喜びを感じております。
北米マフラーは、得意の溶接で違う車種のを取り付けました。
静かで今の自分好みですが、カーブで擦ってしまうのが少し難点です。

a0157084_20595885.jpg


今日はたくさんのバイカーにすれ違いました。
[PR]
by blu-es | 2015-05-23 21:05 | Trackback | Comments(0)

121 奈良股ダム

あーーーめっちゃいい天気や。新緑がまぶしい!
ここ最近、いろいろな出来事があって落ちた日が続く反省の日々やったが
そんな空気もぶっとぶ陽気。

a0157084_721837.jpg



今日は、5人で奈良俣ダムへ。ここまでの道のりがめちゃいい道。でも車高低過ぎてコーナーで擦り過ぎ。
フロントフォーク1インチUPがよかったなぁ。

最近、ダイナSとコイルを新しいのに交換してみたところ、めちゃ調子が良くなった。

奈良俣ダム(http://www.water.go.jp/kanto/numata/04_naramata/naramata.html)



a0157084_23581396.jpga0157084_23582683.jpga0157084_0174614.jpgマニュアルフォーカスでも頑張った?








a0157084_23585297.jpga0157084_2359312.jpga0157084_23591694.jpg

More
[PR]
by blu-es | 2012-05-20 00:11 | Trackback | Comments(2)

098 高山村(上信スカイライン)

先週上信越スカイライン、毛無峠まで行ってきた。
朝4時起き5人で出流原PAに集合。上信越で須坂長野東ICまで。
IC降りて少し迷いながら112号に乗って毛無峠まで



a0157084_21193237.jpg











































天候は曇りだったが、このあたりは標高も1800mほどあるので幸い一雲抜け出て景色も広がった。
景観すげー・・・空気もおいしい。エアプレーンのラジコンやってるおじさんがいたり、のんびりした雰囲気だった。
でも周りに観光地もないので日曜日だったが人は少なめ。バイクはBMのオフ車が2台来てただけ。
ここから先は行き止まりというかオフ車じゃないと進めないのでUターン。
行く価値はあり。

サイドバックのベルトが切れて危うく高速で落とすとこだった。


a0157084_21202931.jpga0157084_21205556.jpga0157084_2121958.jpga0157084_21212599.jpga0157084_21213546.jpg











(歴史)
 毛無峠の歴史は、信州と上州を結ぶ交通路などとしてではなく、やはり小串硫黄鉱山と共に歩んだ歴史の道である。今は群馬県側に大きな鉱山跡を残すが、そもそもの小串鉱山は、明治期に長野県側から小規模に掘られたのが始まりだそうだ。採掘・精錬された硫黄は、一旦須坂市に集められ、その後北陸(富山、福井)や瀬戸内(香川、山口)へと運ばれ、人絹・スフの原料、ナイロンの製造原料として使われたそうだ。
 
 大正12年には峠を越えて群馬県側からも採掘が始められた。その場合も、採られた硫黄はそのまま群馬県側に下ろすのではなく、峠を越えて長野県側にもたらされた。
 
 昭和4年からは大きな企業の資金により、本格的な鉱山運営が群馬県側で始まった。毛無山の肩口に朽ち果てた鉄塔が並んで県境を越えているが、これらは硫黄搬送の為に、その当時に建設された索道の残骸だろう。また、県境の峠の下300mに、1,300mの毛無大隧道(別名長大坑)を掘り抜いたとも言う。
 
 昭和40年頃の最盛期には、職員や従業員、その家族など千数百人もの鉱山関係者からなる、一大鉱山集落が築かれたそうだ。峠から見る現在の小串鉱山跡は、ただただ荒涼とした姿ばかりを見せつけるが、そこにかつては人々の暮らし、生活があったのだ。この険しい山の中に全く信じられない、という思いがつのる。
 
 時代の波に押されての小串鉱山の閉山は、昭和46年のことである。長い鉱山の歴史の陰には、山崩れにより245名の犠牲者が出るという悲劇も隠れているそうな。
 
 小串鉱山の廃鉱に伴い、毛無峠はある意味で大きな役目を終えてしまった。峠からは人の姿が消え、時折訪れる登山者や酔狂なドライバーを見るばかりである。そんな人の歴史にはお構いなしに、相変わらず強い風が吹き抜ける毛無峠であった。

(こちらから抜粋 http://www.geocities.jp/wellon2/tohge/tohge_3k/kenashi/kenashi.htm)
[PR]
by blu-es | 2011-06-14 21:56 | ├110612 高山村 | Trackback | Comments(0)

097 嬬恋

a0157084_20594897.jpg
少し前ですが嬬恋(群馬県)へ行ってきた。
北関東道が開通して東北道から高速で一気に長野まで行けるってありがたい。
こんな距離を走るのは去年北海道ツーの痛手の補修などもあったので半年ぶり。

浅間山を眺望しながら嬬恋のキャベツ畑などの高原野菜畑の間を走る農道嬬恋パノラマラインは
北海道を思わせる雄大な景色。そういえばTV撮影やってたな(一瞬だったから誰かわからんかったけど)。

はじめて走りましたが噂に違わぬ名道。天候もばっちし暑くもなく寒くもなくちょうどいいツーリング日和。

右の写真は地図のオレンジ色部、もっと景色が開けてるかと思いきや・・・
西から東へ向かうここまでの道のりの景色はすばらしかった。

写真真ん中は有名な愛妻の丘です。愛妻の鐘があってみんな鳴らしてました。
丘の上は一つしかベンチ無いってどうなん?





























a0157084_21252995.jpg








a0157084_21145097.jpga0157084_2102782.jpga0157084_2104184.jpga0157084_2105388.jpga0157084_211686.jpg
[PR]
by blu-es | 2011-06-09 21:32 | ├110514 嬬恋 | Trackback | Comments(5)

092

昨日はひさびさに39度の熱・・
インフルかと思いきや今日朝には熱がさがったのでほっとした。
ゴールデンの疲れか。


a0157084_7551276.jpg

[PR]
by blu-es | 2011-05-08 07:57 | ├100718 北海道 | Trackback

056 北海道 ~風景




a0157084_21401542.jpga0157084_214192.jpga0157084_21413479.jpga0157084_21414765.jpga0157084_21415853.jpga0157084_21421726.jpga0157084_2142381.jpga0157084_21425219.jpga0157084_2143579.jpga0157084_21555763.jpg




a0157084_2143296.jpga0157084_21434691.jpga0157084_21441196.jpga0157084_21442448.jpga0157084_21443887.jpga0157084_21445229.jpga0157084_2145857.jpga0157084_21452577.jpga0157084_21453943.jpga0157084_21455495.jpga0157084_2146671.jpg
[PR]
by blu-es | 2010-09-03 22:06 | ├100718 北海道 | Trackback | Comments(4)

054 トドワラ枯木郡

トドワラ枯木郡
野付半島の先端近くにある遊歩道を1.5kmくらいだったかな

a0157084_2228195.jpga0157084_22265067.jpga0157084_2227350.jpg










トド松が海水におかされて変化したものだそうです。
枯木の大部分、樹齢90~120年だそうです。
[PR]
by blu-es | 2010-08-10 22:32 | ├100718 北海道 | Trackback | Comments(0)

052 旅を再開

翌朝起きた。まったく状態がつかめてないので不安でいっぱいだ。a0157084_203614.jpga0157084_20371052.jpg
早速作業に取り掛かる。
バッテリの充電のため、やはり知人のバイクを借りて20km離れた町のスタンドへ。


電圧を調べてみると13V??
ありゃありゃバッテリーはまだ切れて無かったのね・・・昨日の状況からバッテリと決めつけていたが単純な配線の断線だった。

すぐさま逆戻り。普段はそんな飛ばさんが、ここぞとばかり思いっきりかっ飛ばしてたら後ろからパトカーが・・・
うそ・・・スピードか・・・

「急いでるの!!?」警察の問いかけにこの苦労事情を話す・・・「あそうー知人に5分遅れるって電話して」
なんだよ見逃してくれないんかい・・・スピードではなく黄色車線の追い抜きだったのでまだ良かった。

戻って配線関係を調べるとイグニッションスイッチが内部で断線しているようだ。
イグニッションONの配線をバッテリに直結。
ちょうどヒューズケースがあったのでこれを鍵の代わりにする。
充電関係も怪しいので極力省電力で走れるようにメーターの配線も切った。
朝からバタバタしたが何とか旅を再開。


写真左:丸まった牧草。白樺の木が並んでてきれいな草原だった。
写真右:10km以上ある直線道路 この先少し折れてまた10kmの直線。サロマ湖から網走へ向かう道
      走ってて初めてトレーラーに追い越された。

More
[PR]
by blu-es | 2010-07-25 20:46 | ├100718 北海道 | Trackback | Comments(4)