<< 106 木道をあるく

103 白馬岳 >>

Top

105 至仏山・燧ケ岳

先日、至仏山(2229.1m)と燧ケ岳(2356m)の1日2山登山に行ってきた。
a0157084_16491044.jpg

ご来光って神秘的や。
(至仏山中腹。)





a0157084_13393849.jpg

写真:至仏山頂上へ向かう途中、霧の中の尾瀬ヶ原、奥に見えるんがこの後登る2つ目の山、燧ケ岳。
まだ陽が登った時間とはいえ、あの山に登らんといかんと思うと足早になる。

登頂後、三角点を写真に撮りさっさと下山、燧ケ岳へ急がんと

尾瀬ではテント泊できんかと思ってたら「山の鼻」にテントが10張り程度立ってたんで驚いた。





竜宮小屋。
そして奥に見えるのが燧ケ岳。
a0157084_1511446.jpg










小池に写ったのは八海山と影鶴山やろか。
透明感抜群の小池にはカモがおった。写真中央左。
a0157084_1493477.jpg










ここも木道の上、じっとしてるといっぱい枯れ葉が落ちてくるんやわ。
ゆっくりおりたかったなぁ。
a0157084_14301423.jpg









だんだん近づいてきた燧ケ岳。雄大やんか~
それにしても金色の草もみじがきれい。ここは草原みたいにただっ広くて風が気持ち良かった。
a0157084_154470.jpg


燧ケ岳の麓についたのは確かAM11:00くらい。
登り始めてまだ2/5くらいのところやろか、急登で足を上げる動作が多く、
左足のふくらはぎつってもうた。これが半端なく痛くて、山で足つったのも初めてやったし一瞬ヘリ救助を想像してもうた(笑)。
左足をかばっとったら今度は右足の裏がつるし、先行き不安になりながらも、
痛みの前兆があったらストレッチで筋肉をほぐしながらだましだまし登ってく。






a0157084_1433356.jpg

視界が開けて尾瀬ヶ原が見渡せる中腹まで来たとき、力が湧いてくる。
奥に見えるんがさっき登った至仏山。








a0157084_15133572.jpg

足痛いのもあって頂上まできつかった。
頂上到達は午後13:00くらいだったかな。
昼食を10分で摂って出発。

下山後、大清水で町営バスに乗る予定だったが最終15:40には到底間に合わん。
足もだいぶ痛みとれてきたのもあって
この際だからと遠回りの長英新道で尾瀬沼まで下り、さらに尾瀬沼を一周することにした。







a0157084_16185967.jpg

尾瀬沼越しの燧ケ岳。
一周したら午後5:30くらいになってしもうた。
大清水までまだ8kmあって暗がりを走って帰った。午後7時前に大清水に到着し
タクシーで駐車場まで帰る。
歩いた距離は40kmは越えとるやろか。
帰りのタクシーでおっちゃんと話してたら、遭難もあるしこんな無茶なことは2度とやらないでくれと怒られた。

日本百名山2つ制覇は達成感はあるが、見所たくさんあったしもっとゆっくりみたかったなぁ。
昼寝もしたかった。でも朝の山稜の冷たい空気だけは最高やった。
[PR]
by blu-es | 2011-10-10 17:02 | ├111008 至仏山・燧ケ岳 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://onewall.exblog.jp/tb/13783069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by robby at 2011-10-10 18:27 x
凄い・・・。 なんか一緒に行くのを躊躇ってしまいます(笑)

足がつったのは、塩分不足かも知れないですね。俺も経験しました。

Commented by blu-es at 2011-10-10 19:51
Robbyちゃんと体力的な差があるとは思えないけど
仮に差があったとしても
私も一応、社会人なので苛立ったり、置いてきぼりなどにはしないよ(笑)
稜線の登行なんか特に贅沢だと思うし噛締めながら行かないと^^
来週は登山超ベテランの会社の先輩達と山行く予定。
出張絡みでまだ確定ではないけど。

ちなみにバイクだと最近では置いてきぼりの私です。

Commented by blu-es at 2011-10-10 20:02
すみません。
先ほど、どなたからかコメント頂いたのですが
チェーンメールを消していたものですから
勢いで削除してしまいました・・・またのお越しをお待ちしております。
申し訳ありません。
Commented by ともこ at 2011-10-10 21:10 x
は~~~ってため息が何度もでました。どれもすんごい写真。
金色の草原が胸が痛くなるくらいきれいやわ。
私もいつか行きたいな。そのとき草原は何色で迎えてくれるんやろ。
すばらしい写真を届けてくれてどうもありがとう~!!!
Commented by potori_ms at 2011-10-10 22:47
今回も感動的な写真ばかりで、口あんぐりでした(笑)。
下界では見られない、神秘的で美しい景色ばかりですね~。
夏から秋へと変化し、また青々とした山とは違う顔をしていますね。

しかし、blu-es さんは、体力、スタミナ、精神力、決断力があり、
感心するばかりです。
Commented by Robby at 2011-10-10 22:51 x
いいですねー。 俺はぜんぜん登山できてません・・・。

来シーズンになっちゃいそうですね。
Commented by blu-es at 2011-10-10 23:12
ともちん
そんなにため息でた?ありがと。
うれしいわ。
「そのとき草原は何色・・・」
オレ、山の中に住んどるから紅葉なんてあんまり興味ないけど
この草もみじの金色はキレイやったで、もう晩秋やね~
頂上付近には雪もわずかにあったし冬の空気がながれとって
白馬の稜線を思い出したよ。
Commented by blu-es at 2011-10-10 23:19
ポトリさん
「感動的な写真・・・」ホンマですか?
ありがとうございます。
尾瀬ヶ原は鳩待ってところからなら、すぐ目の前にこの草原が広がりますよ。
あとは木道ですし歩きやすいですよ。
ポトリさんの目線で尾瀬を切り取るとどんなんか気になりますよ。

「体力、スタミナ、精神力、決断力・・・」
いえいえそんなことはけしてありませんよ。計画性に欠けてますし・・・

Commented by blu-es at 2011-10-10 23:22
Robbyちゃん

いつでも気が向いたら行こう。

来シーズンが待ち遠し過ぎや。

Commented by カンちゃん at 2011-10-12 23:26 x
何気に、17才の時に尾瀬の山小屋で住み込みでバイトしてたんですよ~!
アルバイトニュースで友達が「バス下車、徒歩2分の所を見つけた」って言うんで行ったんだけど、2時間以上ひたすら暗闇の木道をサンダルで歩き、やっと辿り着いた記憶があります。。  1ケ月半位居たかな。 たしか桧枝岐小屋だったような気が・・・

印象に残っているのは、蛍がたくさんいて暗闇を照らして綺麗だった事かな~♪
尾瀬沼の周遊なら、オレでも時間をかければ行けるかな!?
Commented by blu-es at 2011-10-13 07:26
かんちゃん

まじっすか!そんなんすごいやないですか!
しかしかんちゃん群馬住んでたんでしたっけ?住みこみですよね?
あんなとこで働けるって幸せです。
ホタルか~夜絶対きれいなこと間違いないやないですか!

かんちゃんどんなけ足弱ってるんですか(笑)
絶対登山も行けますって^^
Commented by break__time at 2011-10-16 03:19
素晴らしい!!
blu-esさん山登りされるのですね。
この素晴らしい景色は登った人しか体験できないんですよね~
いやぁ、感動してしまいました。
Commented by blu-es at 2011-10-16 16:00
break__timeさん

お久しぶりです。
バイク乗ってますか?
感動なんて恐縮でございます。
私が行った時は天候もよく、朝は霧のかかった尾瀬ヶ原は幻想的で
できれば尾瀬ヶ原も朝のうちに散策できれば最高だったのですが
時間に追われておりそこまで欲張ることはできませんでした。
またチャレンジしたい!そんな場所です。